親子でロボットをつくろう(ロボット工作教室)(佐世保工業高等専門学校電子制御工学科 助手 前田貴信)

Share on LinkedIn
LINEで送る

目標(対象者と教育目標)

受講対象 長崎県北地区の小学生とその保護者
身近な材料でおもしろい動きをするロボットを作る

セールスポイント

夏休みの課題として創意工夫ができるようなロボットの作り方を指導
保護者も一緒にものつくりを楽しんでもらう

概要

工作紙をベースにリモコンを作る
百円ッショップだけで揃う材料で、ブラシの振動で移動するロボットをつくる

工夫点

なるべく安全な道具だけでつくれるようにした
材料は手に入れやすいものだけにした

成果

短時間で集中できてよかった
自宅でさらに改良し、宿題として提出できた

作成者、連絡先

佐世保高専 前田貴信 0956-34-8491、t-maeda@post.cc.sasebo.ac.jp

photo3

photo2

photo1

ランダムピックアップ
スライド1
RTM・ROSの相互運用技術(東京大学 岡田 慧)
災害対応用ロボットスーツについて(筑波大学大学院 システム情報工学研究科 教授,筑波大学 サイバニクス研究センター センター長,CYBERDYNE株式会社 代表取締役社長/CEO 山海 嘉之)

災害対応用ロボットスーツについて(筑波大学大学院 システム情報工学研究科 教授,筑波大学 サイバニクス研究センター センター長,CYBERDYNE株式会社 代表取締役社長/CEO 山海 嘉之)
スライド1
「住宅メーカーから見たHEMSの現状と課題」(ミサワホーム総合研究所 飯島 雅人)
Go back to top