ロボット革命におけるRTミドルウエアの役割(産業技術総合研究所 安藤 慶昭)

Share on LinkedIn
LINEで送る

ando
政府が取りまとめた「ロボット新戦略」では、ロボット活用のためのアクションプランとして3つの柱、1)ロボット 創出力の抜本強化、2)ロボットショーケース化、3)世 界を見据えたロボット革命の展開・発展、が示された。 RTミドルウェアは複雑化するロボットシステム開発において、既存の要素技術の統合を容易にし、ロボット創出力を強化に資する、日本発のロボットソフトウェア基盤である。

RTミドルウェアはロボット機能要素をソフトウェアモジュール化しインテグレーションするためのソフトウェア 基盤である。本発表ではRTミドルウェアの概要とロボッ ト革命における役割について述べる。



発表資料(PDF)ダウンロード

アイキャッチ画像

ando

ランダムピックアップ
スライド1
「神戸RT(ロボットテクノロジー)構想」の取り組みについて(神戸市産業振興局経済部工業課 高原 昇)
スライド1
重量物ハンドリング遠隔操作荷揚台車の開発(株式会社東芝 中村 紀仁)
スライド1
育児による負担の軽減を目的とした「子育て支援ロボットシステム」の提案(一関工業高等専門学校機械工学科准教授 藤原 康宣)
Go back to top