災害対応無人化システムの取り組み(新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 川島 正)

Share on LinkedIn
LINEで送る

スライド2災害対応無人化システム研究開発プロジェクトの取り組みを振り返り、研究開発マネジメント、研究開発成果及び実用化に向けた取り組みを紹介する。

プロジェクトでの取り組みと成果をハード面とソフト面から考察し、実用化された機器を紹介するとともに、今後の取り組みを紹介する。また、災害対応無人化システムのような特殊環境用ロボットシステムを実用化するための課題や今後の展開についても紹介する。

アイキャッチ画像

スライド2

ランダムピックアップ
スライド4
災害対応用高所作業ロボット”Super Giraffe”(三菱重工業株式会社 藤田 淳)
災害対応用ロボットスーツについて(筑波大学大学院 システム情報工学研究科 教授,筑波大学 サイバニクス研究センター センター長,CYBERDYNE株式会社 代表取締役社長/CEO 山海 嘉之)

災害対応用ロボットスーツについて(筑波大学大学院 システム情報工学研究科 教授,筑波大学 サイバニクス研究センター センター長,CYBERDYNE株式会社 代表取締役社長/CEO 山海 嘉之)
スライド4
ネットワーク対応次世代無人化施工システム(株式会社熊谷組 北原 成郎)
Go back to top