TECSHARの活用による社会実装の未来 (株式会社テッキン 塚本 貢也)

Share on LinkedIn
LINEで送る

スライド1株式会社テッキンはモノづくり版レシピサイト「TECSHAR」( http://tecshar.com/ )を開発、運営しています。TECSHARのビジョンは”全ての人にモノづくりの楽しさを”。技術が解放され共有される事により、モノづくりの敷居が下がり、これまでになかった工学、産業の連携が起こるのではないかと考えます。本講では、TECSHARの理念や機能の紹介から、ロボティクス技術の社会実装の為に何が必要か、提言と共に連携の道などを議論したいと考えています。



発表資料(PDF)ダウンロード

アイキャッチ画像

スライド1

ランダムピックアップ
スライド4
RTミドルウェアによる実時間ロボット制御系の構築とソフトウェア教育(静岡大学 清水 昌幸)
nagase
RTミドルウェアを活用したビジネスへの取り組み(株式会社セック 長瀬 洋裕)
スライド1
大学における現場教育と実社会への橋渡しの必要性 (千葉工業大学 富山 健)
Go back to top