TECSHARの活用による社会実装の未来 (株式会社テッキン 塚本 貢也)

Share on LinkedIn
LINEで送る

スライド1株式会社テッキンはモノづくり版レシピサイト「TECSHAR」( http://tecshar.com/ )を開発、運営しています。TECSHARのビジョンは”全ての人にモノづくりの楽しさを”。技術が解放され共有される事により、モノづくりの敷居が下がり、これまでになかった工学、産業の連携が起こるのではないかと考えます。本講では、TECSHARの理念や機能の紹介から、ロボティクス技術の社会実装の為に何が必要か、提言と共に連携の道などを議論したいと考えています。



発表資料(PDF)ダウンロード

アイキャッチ画像

スライド1

ランダムピックアップ
スライド2
WG2について:災害対応ロボット技術に関する情報収集とデータベース化とその運用(芝浦工業大学 油田 信一)
DSC01152
7月2日RTM・RTCセミナー開催のお知らせ
ロボットの社会実装に向けてのベンチマーキングを検討するワークショップ

ロボットの社会実装に向けてのベンチマーキングを検討するワークショップ
Go back to top