ロボット開発におけるSysMLの活用(株式会社チェンジビジョン 岩永 寿来)

Share on LinkedIn
LINEで送る

スライド3ロボット開発においても、システムの理解や開発者間での円滑なコミュニケーションのため、モデル駆動開発の重要性が高まっています。それに伴い、システムエンジニアリングのための標準モデリング言語 Systems Modeling Language(SysML)がロボット開発でも用いられるようになってきました。このようななか、開発者間のコミュニケーションに留まらず、ロボット開発を効率的に行うために、SysMLとRTミドルウェアとの連携が求められています。
そこで、本講演ではSysMLの概要や、ロボット開発におけるSysMLを用いたモデル駆動開発を効率的に行うための取り組みについてご紹介します。



発表資料(PDF)ダウンロード

アイキャッチ画像

スライド3

ランダムピックアップ
スライド4
災害対応用高所作業ロボット”Super Giraffe”(三菱重工業株式会社 藤田 淳)
スライド1
市販デバイスをRTC化するRTC-CANopen(芝浦工業大学 水川 真)
DSC01008
6月11日:日本を元気にするロボットサービスビジネスセミナー   ~地域でキラリと光るロボットソリューションのフロンティア~ 開催のお知らせ
Go back to top