ロボット開発におけるSysMLの活用(株式会社チェンジビジョン 岩永 寿来)

Share on LinkedIn
LINEで送る

スライド3ロボット開発においても、システムの理解や開発者間での円滑なコミュニケーションのため、モデル駆動開発の重要性が高まっています。それに伴い、システムエンジニアリングのための標準モデリング言語 Systems Modeling Language(SysML)がロボット開発でも用いられるようになってきました。このようななか、開発者間のコミュニケーションに留まらず、ロボット開発を効率的に行うために、SysMLとRTミドルウェアとの連携が求められています。
そこで、本講演ではSysMLの概要や、ロボット開発におけるSysMLを用いたモデル駆動開発を効率的に行うための取り組みについてご紹介します。



発表資料(PDF)ダウンロード

アイキャッチ画像

スライド3

ランダムピックアップ
ロボット創成教育 (九州大学工学部電気情報工学科 教授 倉爪亮)

ロボット創成教育 (九州大学工学部電気情報工学科 教授 倉爪亮)
スライド1
完全自律型電動マルチロータヘリコプタ ― ミニサーベイヤーの性能と展望 ―(千葉大学 野波健蔵)
ロボット製作実習(立命館大学 川村貞夫)

ロボット製作実習(立命館大学 川村貞夫)
Go back to top