工学部教育における社会実装プロジェクト型演習授業の実践(埼玉大学 琴坂 信哉)

Share on LinkedIn
LINEで送る

スライド1 昨年より開始した技術シーズではなく,社会ニーズに基づく価値の創出ができる技術者の育成を目標にした社会実装プロジェクト型演習授業の試みついて紹介する.

 本講演では,まず,社会実装の視点を取り入れた演習授業の利点および従来型演習授業との違いを説明する.続いて,RTおよびIT技術を活用したサービス技術を社会に実装するプロセスを体験,学習することのできる社会実装コンテストを取り入れた工学部学生を対象とした演習授業の試みを紹介する.最後に,昨年の実施内容の反省に基づいた今年度の改良点について概説する.

アイキャッチ画像

スライド1

ランダムピックアップ
スライド3
遠隔操作ヒューマンインタフェース(株式会社東芝 小川 秀樹)
メカトロニクスラボ (早稲田大学理工学術院 教授 高西淳夫)

メカトロニクスラボ (早稲田大学理工学術院 教授 高西淳夫)
DSC02953
7月7日 NEDO特別講座シンポジウム(ロボット革命の目指すものとRTミドルウェアによる地方からの実現)
Go back to top