国際マイクロロボットメイズコンテスト(香川大学工学部知能機械システム工学科 准教授 石原秀則)

Share on LinkedIn
LINEで送る

目標(対象者と教育目標)

参加者は国内外の高校生、大学、大学院生
マイクロ技術を活かしたロボット製作をとおし、その技術の有用性を学ぶことで次世代技術者を育成する。

セールスポイント

海外から30~40名程度が参加する国際的なコンテストである。
小中高校生のロボット教室を同時開催することで、次世代を担う子供育成事業にも取り組んでいる。

概要

2011年度には第20回記念大会を予定される歴史のあるコンテストです。このコンテストには1cm立方の走行型ロボットから2インチ立方の2足歩行ロボットまで、様々なロボットによるコンテストが実施されます。

工夫点

大学院生TAの適切な訓練と配置によって、毎回学生個人とグループの多面的評価を行い,成績の厳密化を行っている.
講義課目と関連づけて、より深い内容が習得できるように教員とTAが誘導する.
外部購入可とし,部品に価格を設定して予算制約も与える.

成果

2009年度に優勝した女子高生がハワイのマイクロロボットトーナメントに参加

作成者、連絡先

香川大学 石原秀則  ishihara@eng.kagawa-u.ac.jp

ランダムピックアップ
コミュニティ・ソリューション(CS)による ロボット化事業・競争/協調スキームと顧客との 文脈価値共創 -「ロコモティブシンドローム予防」事業検討を通した実証-((株)MOTソリューション 石黒 周)

コミュニティ・ソリューション(CS)による ロボット化事業・競争/協調スキームと顧客との 文脈価値共創 -「ロコモティブシンドローム予防」事業検討を通した実証-((株)MOTソリューション 石黒 周)
DSC01980
11月12日 災害対応ロボットワークショップ開催のお知らせ
スライド1
「つくばロボット特区」の取組と今後の方向等について(つくば市 科学技術振興課 大久保 剛史)
Go back to top