メカトロニクスラボ (早稲田大学理工学術院 教授 高西淳夫)

Share on LinkedIn
LINEで送る

目標(対象者と教育目標)

早稲田大学理工系の低学年学生を対象に,ロボット工学の要点を体験的に理解させ,その構成や設計の基礎を習得させる.

セールスポイント

ラインフォロワーロボットの製作を通じて,ロボットの構成論・設計論を体得的に学習する.

概要

センサ,アクチュエータ,コントローラを統合するというロボット製作を通した実験および製作実習を行う.

工夫点

実験の前に隔週でラボガイドと呼ぶ事前授業を実施.
ラボノートと呼ぶ実験ノートの制作を全期間を通じて行い.各実験項目間の有機的関係を理解させる.

成果

アンケートの結果,多くの学生がロボットの基礎学習の役に立ったと回答.

作成者、連絡先

高西淳夫、03-5369-7329
contact@takanishi.mech.waseda.ac.jp

photo1

photo2

photo3

ランダムピックアップ
スライド1
災害対応ロボットと運用システムのあり方 ~提言概要~(東京大学 淺間 一)
スライド1
「さがみロボット産業特区」の取組について(神奈川県 産業労働局 産業・エネルギー部 産業振興課 調整グループ グループリーダー 矢島 裕久)
災害対応用ロボットスーツについて(筑波大学大学院 システム情報工学研究科 教授,筑波大学 サイバニクス研究センター センター長,CYBERDYNE株式会社 代表取締役社長/CEO 山海 嘉之)

災害対応用ロボットスーツについて(筑波大学大学院 システム情報工学研究科 教授,筑波大学 サイバニクス研究センター センター長,CYBERDYNE株式会社 代表取締役社長/CEO 山海 嘉之)
Go back to top