重量物ハンドリング遠隔操作荷揚台車の開発(株式会社東芝 中村 紀仁)

Share on LinkedIn
LINEで送る

スライド1作業員の立ち入りが困難な有害汚染物質環境下にある設備において、階段、エレベータ等の移動手段に代わり、各種ロボット、各種資材等の重量物を各階に移送可能な「重量物ハンドリング遠隔操作荷揚台車」を開発した。重量物ハンドリング遠隔操作荷揚台車には、高所まで遠隔作業装置等の重量物を持ち上げることが可能な機能としてパイプジョイント方式を採用しており、また移送時に発生する横揺れを抑制するため、プラットホームに揺れ止め機構を実装している。本講演では、重量物ハンドリング遠隔操作荷揚台車の構造や一連の動作について紹介する。



発表資料(PDF)ダウンロード

アイキャッチ画像

スライド1

ランダムピックアップ
災害対応用ロボットスーツについて(筑波大学大学院 システム情報工学研究科 教授,筑波大学 サイバニクス研究センター センター長,CYBERDYNE株式会社 代表取締役社長/CEO 山海 嘉之)

災害対応用ロボットスーツについて(筑波大学大学院 システム情報工学研究科 教授,筑波大学 サイバニクス研究センター センター長,CYBERDYNE株式会社 代表取締役社長/CEO 山海 嘉之)
スライド1
これからの技術者育成と高専(東京工業高等専門学校長,独立行政法人国立高等専門学校機構理事 古屋一仁)
RT コンポーネントを用いたジグソー法によるロボット工学の教育手法の論文化(千葉工業大学 林原 靖男)

RT コンポーネントを用いたジグソー法によるロボット工学の教育手法の論文化(千葉工業大学 林原 靖男)
Go back to top