ロボットシステム開発におけるRTMの有用性および開発ツール群(産業技術総合研究所 原 功)

Share on LinkedIn
LINEで送る

スライド4
これまで開発してきた事情通ロボット、HRP2の対話システム等のソフトウェアシステムを振り返り、コンポーネント指向のロボットシステムにおける有用性と問題点について述べ、RTミドルウェアを用いた場合にどの程度の問題点が解決可能か、継続的なシステム開発において何が重要かということについて述べる。また、OpenRTM-aistを用いたコンポーネント開発、システム開発において利用可能な開発ツールであるEclipse版とWeb版のRTコンポーネントエディタとRTシステムエディタを紹介し、その違いについて述べる。



発表資料(PDF)ダウンロード

アイキャッチ画像

スライド4

ランダムピックアップ
メカトロニクスラボ (早稲田大学理工学術院 教授 高西淳夫)

メカトロニクスラボ (早稲田大学理工学術院 教授 高西淳夫)
スライド1
ロボットへの社会的ニーズと新しい教育の必要性(東京工業高等専門学校特命教授、東京大学フューチャーセンター推進機構RTイノベーションコンソーシアム特任教授 佐藤 知正)
スライド1
TECSHARの活用による社会実装の未来 (株式会社テッキン 塚本 貢也)
Go back to top