ロボット教育を論文化するためには(埼玉大学 琴坂 信哉)

Share on LinkedIn
LINEで送る

ロボット教育に携わる多くの皆様方とのご議論を通じて,ロボット教育を論文化するにあたっての問題点,注意点を検討して参りました.下記に発表いたしましたのは,それらの議論の結果をまとめたものです.皆様のご意見を集約したもの,また,私の私見も含まれておりますので,様々なご意見があるかと思いますが,ご参考になれば幸いです.
埼玉大学 琴坂

発表資料全文(PDF)ダウンロード

アイキャッチ画像

front

ランダムピックアップ
スライド1
UNRプラットフォームを用いたサービスロボットの実現(株式会社国際電気通信基礎技術研究所 (ATR) 亀井 剛次)
コミュニティ・ソリューション(CS)による ロボット化事業・競争/協調スキームと顧客との 文脈価値共創 -「ロコモティブシンドローム予防」事業検討を通した実証-((株)MOTソリューション 石黒 周)

コミュニティ・ソリューション(CS)による ロボット化事業・競争/協調スキームと顧客との 文脈価値共創 -「ロコモティブシンドローム予防」事業検討を通した実証-((株)MOTソリューション 石黒 周)
ロボット教育〜ベテラン技術者の教育むけ人材活用〜(東京大学 佐藤 知正)

ロボット教育〜ベテラン技術者の教育むけ人材活用〜(東京大学 佐藤 知正)
Go back to top