UNRプラットフォームを用いたサービスロボットの実現(株式会社国際電気通信基礎技術研究所 (ATR) 亀井 剛次)

Share on LinkedIn
LINEで送る

スライド1
ユビキタスネットワークロボット技術は、 商業施設・病院・家などのさまざまな場所における人々の活動の支援を目的として、ロボット、スマートフォンアプリ、環境センサなどがネットワークを介して連携して人々にサービスを提供するための基盤技術です。
高齢者・障がい者を対象としたライフサポートに関するサービスの実証実験を通して、ロボットやロボットサービスを連携させるための技術仕様の検討と国際標準化を進め、昨年度よりそのソフトウェアをUNRプラットフォームとしてオープンソースで公開しています。
本講演では、UNRプラットフォームの概要と、今後の展開としてのRTミドルウェアとの連携について紹介させていただきます。



発表資料(PDF)ダウンロード

アイキャッチ画像

スライド1

ランダムピックアップ
スライド2
WG1について:災害対応ロボットの評価・認証・実証試験・フィールド・評価法・訓練・競技会に関する検討(東北大学 田所 諭)
スライド1
TECSHARの活用による社会実装の未来 (株式会社テッキン 塚本 貢也)
スライド1
DAQ-Middlewareについて(高エネルギー加速器研究機構 千代 浩司)
Go back to top