7高専連携「社会実装プロジェクト」の取り組み (東京工業高等専門学校 浅野 敬一)

Share on LinkedIn
LINEで送る

スライド1東京工業高等専門学校では、2011年度から、学生が社会の問題を自分で探し出し、その工学的解決策をユーザーとともに探求する取り組み、「社会実装プロジェクト」を開始した。取り組みは、2012年度から7高専による連携事業に拡大し、文部科学省「大学間連携共同教育推進事業」にも採択されている(http://www.innovative-kosen.jp/)。一方で、取り組みの拡大とともに、日本の工学教育や高専教育が直面する、より大きな問題について考える必要も生じてきた。本報告では、取り組みの背景や現状とともに、新たに見えてきた課題を紹介し、議論をしたいと考えている。



発表資料(PDF)ダウンロード

アイキャッチ画像

スライド1

ランダムピックアップ
shimada
役に立つ,売れるロボットづくり(埼玉県 労働部 産業支援課 島田 守)
watanabe
相模原市におけるロボット革命(相模原市 環境経済局 経済部産業政策課 渡辺 誠治)
スライド4
災害対応用高所作業ロボット”Super Giraffe”(三菱重工業株式会社 藤田 淳)
Go back to top