生産ロボットを進化させる知能化技術(三菱電機 野田 哲男)

Share on LinkedIn
LINEで送る

スライド1要旨:
次世代の生産システムを如何に構築すべきかとの問題に対して,本研究では自律型セル生産ロボットシステムが選択肢の一つとなることを提案する.

概要:
機種切替が迅速で,かつ長時間連続操業可能な,生産現場へ導入できるロボットセル生産システムを実現するために必要な知能モジュール群と,それら知能モジュールよる統合システムの開発を目的に,NEDOプロを活用した産学連携による研究開発を紹介する.



発表資料(PDF)ダウンロード

アイキャッチ画像

スライド1

ランダムピックアップ
スライド1
東京高専での取り組み(東京工業高等専門学校機械工学科准教授 多羅尾 進)
スライド1
「神戸RT(ロボットテクノロジー)構想」の取り組みについて(神戸市産業振興局経済部工業課 高原 昇)
スライド2
ロボット最適化で工場自動化を強力推進 (株式会社MUJIN 滝野一征)
Go back to top