相模原市におけるロボット革命(相模原市 環境経済局 経済部産業政策課 渡辺 誠治)

Share on LinkedIn
LINEで送る

watanabe

製業者の衰退が余儀なくされている現状を踏まえ、『ものづくり相模原』の復活をかけて産業用ロボットの導入支援に取り組む。
相模原市はこれまで内陸工業都市としての歴史を歩み、 自動車、電機、食品などの関連産業の集積が図られて来たが、空洞化や国際競争の激化により大きな岐路に立たされている。市内製業事業者の持続的な発展を支援するため、競争力強化の手段として、地域として産業用ロボットの導入支援に取り組む。



発表資料(PDF)ダウンロード

アイキャッチ画像

watanabe

ランダムピックアップ
スライド1
UNRプラットフォームを用いたサービスロボットの実現(株式会社国際電気通信基礎技術研究所 (ATR) 亀井 剛次)
スライド1
工学部教育における社会実装プロジェクト型演習授業の実践(埼玉大学 琴坂 信哉)
スライド2
人を動かすコミュニティロボット~生活機能モデルを活用した地域地図の作成と社会参加型リハビリテーション~(産業技術総合研究所 西田 佳史)
Go back to top