ロボット革命の実現に向けて〜北九州市の挑戦〜(北九州市 産業経済局 柴田 泰平)

Share on LinkedIn
LINEで送る

shibata
北九州市ではロボット産業を成長産業の一つと位置づけ、 現在策定中の地方創生において関連事業を強化することとしている。現在北九州市で進んでいるロボット開発・普及に向けた産学官連携の取組みを紹介する。
産学官連携のプラットフォームである「ロボット産業振興会議」「北九州ロボットフォーラム」や研究開発・導入支援、人材育成等の取組みに加え、今後の課題であるシステムインテグレーターのビジネス化やその人材育成について紹介する。また、今後のロボットの普及を加え、今後の課題であるシステムイ ンテグレーターのビジネス化やその人材育成について紹介する。また、今後のロボットの普及を加え、今後の課題であるシステムイ ンテグレーターのビジネス化やその人材育成について紹介する。また、今後のロボットの普及を加速させるための特区提案についても併せて紹介する。



発表資料(PDF)ダウンロード

アイキャッチ画像

shibata

ランダムピックアップ
スライド1
UNRプラットフォームを用いたサービスロボットの実現(株式会社国際電気通信基礎技術研究所 (ATR) 亀井 剛次)
ロボメカ教育の為の各種教材開発 (東海大学情報理工学部コンピュータ応用工学科 准教授 稲垣克彦)

ロボメカ教育の為の各種教材開発 (東海大学情報理工学部コンピュータ応用工学科 准教授 稲垣克彦)
sakamoto
「NEDO特別講座シンポジウム~ロボット革命目指すもとRTミドルウェアによる地方からの実現~」の趣旨説明(新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 坂本 健一)
Go back to top