市販デバイスをRTC化するRTC-CANopen(芝浦工業大学 水川 真)

Share on LinkedIn
LINEで送る

スライド1
ロボット普及の阻害要因となっているの高価格個別設計専用デバイスではなく,実績のある市販CANopenデバイスを簡単にRTC化し,ソフトコンポーネント化するとともに,プラグアンドプレイにより,システムを簡便に構築可能とする,国際標準規格RTC-CANopenを紹介する.併せて,設計資産の継承を容易とするUML,SysMLによるモデルベース設計開発教材と実施例についても報告する.


発表資料(PDF)ダウンロード

アイキャッチ画像

スライド1

ランダムピックアップ
RTコンポーネント標準化戦略と最近の動向(産業技術総合研究所 安藤 慶昭)

RTコンポーネント標準化戦略と最近の動向(産業技術総合研究所 安藤 慶昭)
北九州地域調査報告(熊本高等専門学校 長谷川 勉)

北九州地域調査報告(熊本高等専門学校 長谷川 勉)
DSC02953
7月7日 NEDO特別講座シンポジウム(ロボット革命の目指すものとRTミドルウェアによる地方からの実現)
Go back to top