RTコンポーネントの再利用によるロボットシステム開発(名城大学 大原 賢一)

Share on LinkedIn
LINEで送る

スライド1RTミドルウェアをベースとしたシステム開発において、効率のよいシステム開発を行っていくためには、既存のRTコンポーネントの有効利用が重要である。これまで、多くのRTコンポーネントが開発され、これらのコンポーネントは開発者WebページやOpenRTM-aistのホームページからダウンロードが可能である。しかしながら、RTコンポーネントごとの設計思想の違いなどから、所望のコンポーネント同士のみで、容易にシステムを構築していくことは困難である。そこで、本発表では、既存のRTコンポーネントを用いたロボットシステムの事例を通じて、RTコンポーネントの再利用に向けたアプローチを紹介する。
また、開発したRTコンポーネント資産の蓄積を目的として策定したカメラ・画像処理コンポーネント向けの共通インタフェースについても紹介する。
・ブラウザにGoogleアカウントを設定すると,ブラウザ上で発表資料がご覧頂けます.


発表資料(PDF)ダウンロード

アイキャッチ画像

スライド1

ランダムピックアップ
GD_Symposium20130913Rev5A3
9月13日 コミュニティ共創ロボティクスに関するグローバルデザインシンポジウム 開催のお知らせ
DSC01008
6月11日:日本を元気にするロボットサービスビジネスセミナー   ~地域でキラリと光るロボットソリューションのフロンティア~ 開催のお知らせ
DSC00681
4月23日 NEDO特別講座セミナー(産業競争力懇談会(COCN)プロジェクト「災害対応ロボットと運用システムのあり方」) 開催のお知らせ
Go back to top