函館高専での取り組み(函館工業高等専門学校生産システム工学科准教授 中村 尚彦)

Share on LinkedIn
LINEで送る

スライド1高齢者のQOL向上を目的とし、本研究では動作による機器の制御を応用したシステムを提案する。

本高専では、社会実装事業として「高齢者のための戸締りシステム」および「認知症予防システム」の2件に取り組んでいる。本発表では、この事業に現在取り組んでいる学生や昨年度取り組んでいた学生の取り組み姿勢や教育効果について紹介する。

アイキャッチ画像

スライド1

ランダムピックアップ
スライド1
「さがみロボット産業特区」の取組について(神奈川県 産業労働局 産業・エネルギー部 産業振興課 調整グループ グループリーダー 矢島 裕久)
スライド1
RTによる高齢者生活支援の実用化ビジネスモデルを目指して(九州大学 長谷川 勉)
スライド4
ロボットおよび組込みソフトウェア向けのオープンなライブラリOpenEL(組込みシステム技術協会 理事、アップウィンドテクノロジー・インコーポレイテッド 代表取締役社長 中村 憲一)
Go back to top