SICE SI部門:モーションメディア コンテンツ コンテスト (広島市立大学情報科学部システム工学科 教授 岩城敏)

Share on LinkedIn
LINEで送る

目標(対象者と教育目標)

コンテスト参加者は学生だけではなくメーカ・デザイナ・ベンチャー企業等異業種を含む。ロボット技術の育成だけではなく、作品(コンテンツ)として評価を行うことで、ロボット利用技術を習得・体験

セールスポイント

理系学生だけではなく、デザイン学科のセンスを活用
ビデオコンテンツのHPによる常時公開

概要

パーソナルロボットの価値の源泉を「実体の動き(モーション)」と捉え、これをフィーチャしたコンテンツ(モーションメディアコンテンツ)を競い合う

工夫点

コンテンツを実現するロボット技術に関しては、主要ロボット関連学会にてOSを企画し、デザインと技術の両面からアプローチ

成果

一連の活動が、「ナビロボ」(カーナビ情報をロボットモーションでドライバへ提示)開発に繋がった

作成者、連絡先

計測自動制御学会SI部門モーションメディア部会
広島市立大学 岩城 敏 iwaki@hiroshima-cu.ac.jp

photo1

photo2

photo3

ランダムピックアップ
インターネットを活用したロボットサービスと関連技術とRSiの取り組み(産業技術大学院大学 成田 雅彦)

インターネットを活用したロボットサービスと関連技術とRSiの取り組み(産業技術大学院大学 成田 雅彦)
shimada
役に立つ,売れるロボットづくり(埼玉県 労働部 産業支援課 島田 守)
スライド1
DAQ-Middlewareについて(高エネルギー加速器研究機構 千代 浩司)
Go back to top