インフラ点検・メンテナンスロボットの開発と災害対応への転用について(新日鐵住金株式会社 大石 直樹)

Share on LinkedIn
LINEで送る

スライド1 日本の社会インフラや生産設備の老朽化が進展している現状において、大規模災害防止のため、平時の設備状態把握と維持管理メッシュの適正化が求められる。人のアクセス可能範囲を超えてインフラ点検・メンテナンスを可能とするロボット開発のニーズは高い。
 また、発災時には災害対応ロボットとして、被災者捜索や設備被害のマクロ把握に転用可能とする高度実用化研究も進める必要がある。
 主な開発課題としては、アクセス困難箇所(高所、狭隘、悪性ガス環境等)へのアクセスを高度に可能とする、複合型アクセスシーズ開発(飛行/走行モード切替)や移動ロボット向け防爆基準策定とそれに即した防爆技術開発である。
 さらにインフラ点検・メンテナンスロボットの開発・活用の拠点として、防災ロボットセンターの設置を提案する。ここでは、ロボットを安心して現場に投入できるように、平時から発災・復旧時まで全ての局面におけるロボット機能検証、性能評価、防爆機能認証の役割を持たせる。

・ブラウザにGoogleアカウントを設定すると,ブラウザ上で発表資料がご覧頂けます.


発表資料(PDF)ダウンロード

アイキャッチ画像

スライド1

ランダムピックアップ
スクリーンショット 2014-12-11 16.12.34
二足歩行ロボットそくてんくん(愛知県立春日井工業高等学校 松谷 宏明)
スライド2
災害対応無人化システムの取り組み(新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 川島 正)
メカトロニクスラボ (早稲田大学理工学術院 教授 高西淳夫)

メカトロニクスラボ (早稲田大学理工学術院 教授 高西淳夫)
Go back to top