「住宅メーカーから見たHEMSの現状と課題」(ミサワホーム総合研究所 飯島 雅人)

Share on LinkedIn
LINEで送る

スライド1現在、補助金制度によりECHONET Liteを搭載したHEMSの導入が進み、ネットワークを通じた家電・設備機器の制御が便宜的には可能となりつつある。しかし、エネルギーの可視化とリモコン機能レベルに止まって防犯等の基本的な機能も提供されていないのが現状である。
また、HEMSコントローラのハードウェア基本設計とソフトウェアの実行環境がまちまちで、異なるメーカーの機器間でアプリの共通化が出来ず、住宅全体で求められる様々な機能を全て機器毎に開発しなければならない恐れがある等の様々な問題がある。
こうした課題を解決し持続的バージョンアップが可能な住宅を実現する為に何を行うのか、そこにRT応用の可能性があるのかについて所見を述べ
たい。



発表資料(PDF)ダウンロード

アイキャッチ画像

スライド1

ランダムピックアップ
スライド1
サービスロボットに係るリスクと保険(株式会社損害保険ジャパン 桂 浩晃)
RTコンポーネント標準化戦略と最近の動向(産業技術総合研究所 安藤 慶昭)

RTコンポーネント標準化戦略と最近の動向(産業技術総合研究所 安藤 慶昭)
スライド1
「さがみロボット産業特区」の取組について(神奈川県 産業労働局 産業・エネルギー部 産業振興課 調整グループ グループリーダー 矢島 裕久)
Go back to top