遠隔操作ヒューマンインタフェース(株式会社東芝 小川 秀樹)

Share on LinkedIn
LINEで送る

スライド3災害現場において、特に作業員の立ち入りが困難な過酷な環境下にある設備内で活用が期待されるロボットの重要な共通要素技術の1つに、遠隔操作ヒューマンインタフェース技術があげられる。NEDO災害対応無人化システム研究開発プロジェクトにおいても、操作者の負担軽減や操作習得期間の短縮を目的に開発に取り組んだ。ここでは、本プロジェクトに参画したコンソーシアム各社の遠隔機器、ロボットの操作インタフェース仕様の共通化案をまとめ、それを反映した開発成果を紹介する。併せて、遠隔による操作性向上に向け、カメラ画像を基に距離センサ情報重畳表示や全方位俯瞰画像生成など開発した画像提示技術についても紹介する。



発表資料(PDF)ダウンロード

アイキャッチ画像

スライド3

ランダムピックアップ
スライド1
ロボットへの社会的ニーズと新しい教育の必要性(東京工業高等専門学校特命教授、東京大学フューチャーセンター推進機構RTイノベーションコンソーシアム特任教授 佐藤 知正)
パソコンを使ってロボットを制御しよう(ロボット工作教室) (佐世保工業高等専門学校電子制御工学科 助手 前田貴信)

パソコンを使ってロボットを制御しよう(ロボット工作教室) (佐世保工業高等専門学校電子制御工学科 助手 前田貴信)
現場教育を通した実社会への 橋渡しカリキュラムの試行(千葉工業大学 富山 健)

現場教育を通した実社会への 橋渡しカリキュラムの試行(千葉工業大学 富山 健)
Go back to top