RTミドルウェアの普及に向けて(産業技術総合研究所 金広 文男)

Share on LinkedIn
LINEで送る

スライド3RTミドルウェア(RTM)とはRTコンポーネント(RTC)と呼ぶロボットの機能要素のソフトウェアモジュールを組み合わせてロボットシステムを構築するためのソフトウェアプラットフォームである。これまでに複数のプロジェクトでRTM自体の開発、RTCの開発、RTM/RTCを用いたアプリケーションの開発が行われてきた。しかし、開発開始から10年を経た今でも十分に普及したとは言えない状況にある。そこで本講演ではこれまでの取り組みを振り返り、利用状況や潜在ユーザの意見から現状を分析し、今後取るべき方策について考察を行う。



発表資料(PDF)ダウンロード

アイキャッチ画像

スライド3

ランダムピックアップ
スライド1
KOSEN発”イノベーティブジャパン”プロジェクトの取り組み(東京工業高等専門学校 浅野 敬一)
スライド1
TECSHARの活用による社会実装の未来 (株式会社テッキン 塚本 貢也)
IMG_0972
2月27日 災害対応ロボットワークショップ 開催のお知らせ
Go back to top