生活と食の分野を目指したRTミドルウェアの新展開(玉川大学 岡田 浩之)

Share on LinkedIn
LINEで送る

okada
生活支援ロボットや、食に関わる生産分野において、コミュニティを創成しRTミドルウェアの活用を促進する.

日常生活をサポートする家庭用ロボットの競技会である、ロボカップ@ホームを通じて、RTミドルウェアの技術の活用を図る。 高品質・高栄養・無農薬野菜の効率的な生産を目指し、 RT技術により従来型農業の代替としての植物工場に留まらない、食料生産技術の新しい展開を目指す。



発表資料(PDF)ダウンロード

アイキャッチ画像

okada

ランダムピックアップ
スクリーンショット 2014-12-11 16.09.57
RTMの教材開発(産業技術短期大学 二井見 博文)
スライド1
役立つロボットづくりを目指して(株式会社テムザック 高本 陽一)
kumagai
富士通ものづくり実践に関わるロボット活用について(富士通産業流通営業グループ・プリンシパルコンサルタント 熊谷 博之)
Go back to top